会長 薦田敏 からのご挨拶

会長 薦田 敏
江戸川区立清新第一中学校・校長

薦田聡会長

 本会では新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、休校や分散登校と言った措置がとられる中、令和2年5月15日に予定されていた総会を中止しました。中止連絡と共に総会議案をホームページなどで公開し、疑義の申し出をご依頼しましたが、期限までにそれがありませんでしたので、第3号議案である令和2年度役員につきましても他の議案同様に承認され、私が会長に任じられたという次第です。

 新学習指導要領の実施まで1年ない中でありますから、主体的・対話的で深い学びをどのように実現していくか。観点を変える評価・評定をどのように実施していくのか。また、世界的に猛威を振るう感染症が終息を見せないときですから、リモートワーク、遠隔授業などの可能性についても、多くの会員と共に考え、実践につなげる研究を進めていきたいと考えています。

 地方に比べて理科の先生が距離的に近いところにたくさんいらっしゃって、直接お会いして研修させていただけることが都中理の特徴・強みであると考えています。

 科学的なエビデンスに基づいて、新型コロナウイルス感染症を正しく恐れ、影響を最小限に抑える対応を工夫して、生徒の命を守りながら生徒の学びを止めない都中理の在り方を探って行く所存です。  各方面からの忌憚のないご意見・ご指導につきまして、よろしくお願いいたします。

令和2年度定期総会

令和2年5月15日(金)15時~ 

コロナウイルスによる緊急事態宣言のため、中止となりました。


配布文書


議案


  • 各議案に対してのご質問・ご意見は、5月15日~25日の間に、事務局までお寄せください。
  • ご質問・ご意見については、質問・意見票をご利用ください。
  • いただいたご質問・ご意見については、事務局で集約します。
  • 次回(6月を予定)の代表理事会兼役員会にて、いただいたご質問・ご意見について審議のうえ、議案の承認を行います。

会長 山口晃弘 からのご挨拶

会長 山口 晃弘
品川区立八潮学園・校長

平成30年5月に行われた、東京都中学校理科教育研究会(都中理)の総会で、花田英樹会長の後任として会長を拝命いたしました山口晃弘と申します。

都中理は、東京都の中学校理科教員を中心に組織する研究団体で、東京都教育委員会より「研究推進団体」の認定を受けています。

都中理の役割は、各先生方の年代によって変わってきます。若手の先生には、実験や授業のテクニックの部分を学ぶ機会を提供すること、中堅やベテランの先生方には「会員研究発表会」を活用して日頃の研究の成果を広く東京の先生方に広める役割であります。研究成果を共有することで、東京都全体の理科教育をさらにレベルアップできると考えます。また、文部科学省や東京都教育委員会の情報を先生方に伝えることも大きな使命であると考えます。

各区市町村の研究会を活発にし都中理全体の活動をさらに発展させたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

令和元年度定期総会

令和元年 5月13日(月)15時~

配布文書


定期総会

  1. 開会のことば(副会長)
  2. 会長挨拶
    • 東京都教職員研修センター研修部教育経営課 指導主事 鎌田 智義様
    • 全国中学校理科教育研究会 会長 町田市立町田第一中学校長 花田 英樹様
  3. 来賓挨拶
  4. 議長選出
  5. 議事
    1. 平成30年度 事業報告
    2. 平成30年度 会計決算報告
    3. 平成30年度 会計監査報告
    4. 規約改正案 承認
    5. 令和元年度 役員推薦・承認
      • 新会長挨拶
    6. 令和元年度 事業計画案
    7. 令和元年度 会計予算案
    8. その他
  6. 議長解任
  7. 連絡事項
  8. 閉会のことば(副会長)

研修

テーマ「持続的な活動ができる都中理の体制について」

進行 会長 品川区立八潮学園校長 山口 晃弘